2008年 07月 27日

凧揚げ

a0078787_13365960.jpg


空高く舞い上がれ








今日はBerkleyのKite Festivalに行ってきた。軽い素材を使ったカラフルな凧が舞いあがる中、懐かしい正方形の紙と木で作られた凧が舞っていた。日本の凧である。他と違っているので注目度が高く、「あれは何なんだ?」と道行く人に尋ねられた。「日本の伝統的な凧です」。こういう時に、古いものを大切にする日本人の心を感じる。

見てるだけというのもなんなので、実際に上げさせてもらった。これがまた重いのなんの、さらに凧糸を上下に振って凧を揚げるため結構つらい。あれを一時間やれと言われたら・・・

そもそもこの凧は浜松市の人たちが作って持ってきたもので、浜松の伝統的なもの(?)らしい。浜松では生まれた子供の名前を書いた凧を地域で揚げるとか。やっぱり祭りごとってのは地域独特のカタチがあってよいね。


久しぶりに日本らしさを感じた一日でした




PHOTOFES 2008、写真集展示のお知らせ

以前photobackで作ったスイスの写真集「空の神様と過ごした日々」が、雑誌「カメラ日和」主催のイベン「PHOTOFES 2008」にて展示されることになりました。と言っても写真集がそのまま展示されるわけでなく、INDEXのように一枚のシートで展示されるようです。こんな感じになる模様。

スイスで出会った仲間たちとの思い出に作った作品だけに、こういう場で展示してもらえることを大変幸せに思います。今アメリカなので行けないのが残念ですが・・・


「PHOTOFES 2008」の会場と期間です。

・北海道会場:雑貨店「cholon」本店
   7/19(土)~7/21(月)
・東京会場:青山ブックセンター本店
   7/26(土)~8/10(月)
・東京会場:デルフォニックス渋谷店
   7/26(土)~8/31(日)
・神戸会場:トリトンカフェ
   8/21(木)~9/2(火)



小さなイベントかも知れませんが、機会があれば是非見にって下さい。
展示されるのは約250作品だそうですが、頑張って見つけてくださいまし
[PR]

by ndgio | 2008-07-27 13:47 |


<< See what      Decision >>