2007年 10月 25日

Unusual

a0078787_031229.jpg


いつもと同じ日常に、いつもと違う日常を








私宛に一通の封筒が届いた。見慣れた文字で書かれた私の住所と名前、裏を見るとそこには母の名前が。そしてもう一度表を見直す、住所、名前が書かれたさらに左にカッコ書きで「ハブラシ在中」と書かれている。おいおい、こんな奇天烈な事態は初めてだぞ

念のために言っておくと、私の母は別に変なことをしたわけではない。私が使っているハブラシが市販のものではなく、今住んでいるところでは入手困難なので頼んでおいたのである。ただ「ハブラシ在中」ってねぇ・・・


中には母からの手紙も入っていた。内容という内容はほとんどなく、数行程度だった。母はおそらくこの封筒の宛先や手紙を私が初任給でプレゼントした万年筆を使って書いている。ハブラシを送ってくれたことよりも、その万年筆を使ってくれていることの方が嬉しかった


社会に出てから、毎日がroutineになってきている。研究室の頃よりも変化が少ない。だからこそこういう小さな変化が嬉しかったりする。日常を生きるなら、たまにはスパイスが欲しいものだ。私は知っているさ、人生の楽しみ方


いつもと同じ日常にいつもと違う日常を
[PR]

by ndgio | 2007-10-25 00:44 | 日常


<< ある秋の空      空高くまで >>