rainy day, rainy sky

ndgio.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 13日

夜空に咲く花

8月11日、私たちはお台場の潮風公園にいた








「みんなで花火見にいきたいな」

そんな一言から始まって私は「みんな」に声をかけた。「みんな」は全国・全世界に散らばっているけど、きっと東京まで出向いてくれる人もいるはずと思い連絡先のわかる人は手当たり次第声をかけた。そしてその声を広めてもらった

お盆と言うこともあり、実家に帰る人や既に予定のある人が多くなかなか集まらなかった。でも私を含めて9名が来てくれた。9名もいればありがたいよ。場所取りだけしかこれないのに来てくれた人もいれば、群馬からわざわざ来てくれた人もいた。そうやって来てくれる「みんな」が私は大好きだ

19時になると、花火が上がり始めた。レインボーブリッジの横に上がる花火を見ながら、私たちはくつろぎ、昔話をし、夏の夜を楽しんだ。花火を見ることはもちろん楽しいのだけど、こうやって一緒にいる時間が楽しく、懐かしいのだと私は感じていた。だって日本人やもん、祭りが好きさ。私たちにとっては再会が祭りなのだ

花火が終わってもすぐには帰らず、広いシートでトランプをした。難しいルールなんて必要ない、ババ抜きをしていればみんなが楽しめる。何回かババ抜きをすると人も少なくなってきたので片付け始めた


8月11日、私たちはお台場の潮風公園にいた。7年前の8月11日の朝、私たちはプリンストン大学にいた。「みんな」覚えてるのだろうか、8月11日は私たちがプリンストン大学を去った日。前日のフェアウェルパーティから眠らず朝まで起きてた日。枯れるぐらい涙を流した日。

7年たった全く同じ日にまさか一緒に花火を見ているとはね。もう涙なんか流さないさ、こうやっていつでも会えることを確信しているから。家族のようにお互いを受け入れることができる仲だと確信しているから



7年後の8月11日もこうやって夜空に咲く花を見ながら笑っていたいな
[PR]

by ndgio | 2007-08-13 16:36 | 日常


<< 夏の終わりに      1st step >>