rainy day, rainy sky

ndgio.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 17日

Look up at the rainbow

a0078787_373896.jpg


everything is here, but nothing is here...








一昨日の夜遅くに家に帰ってきた。その日はそのまま休んで、昨日はテントと寝袋に風を通したり、入社に必要な書類の記入などを行った。今日から日常復帰。

スイスで出会った子が就職活動で大阪に来るというのでご飯を食べるべく大阪に出向いた。久しぶりの大阪の街。すぐそこに本屋があり、カフェがあり、観覧車がある。なんでも揃っているといった感じ。少し離れてみるとまた違った感じに見えるようだ。

待合わせをしている時にふと空を見上げる。本当に何気なく。するとそこには虹がかかっていた。雨が降ったわけでもないのに何故か。しかも横向きに。まるで誰かが壁に絵を描くようにイタズラしているようだった。あの瞬間にあの場にいた私は幸運の持ち主


少し大阪を離れることで気付いたことがある。大阪には何でもある。でも、門司港で見た夕陽の沈む海、伊万里で出会った伊万里焼を売るおじいさん、長崎で久し振りにあった家族のような仲間、熊本で再会した旅仲間、屋久島で見た満天の星空、杉、森、苔、川、滝、新しく出会った友、交わした言葉、鹿児島での仲間との再会、霧島で山を覆った霧、宮崎で食べた地鶏、高千穂峡の壮絶な景色、星空、阿蘇山を駆け抜けるドライブウェイ、たまたま立ち寄った店で食べた阿蘇牛、九重の壮大な景色、湯布院で浸かった温泉、その他かずかずの思い出はこの街に存在しない。


何でもあるけど、何もない。


誰かがそう言った気がした。だから私たちは思い出を作るのだろう。
[PR]

by ndgio | 2007-03-17 03:28 |


<< Osaka      屋久島 >>