2007年 01月 11日

Same, yet different

a0078787_2311731.jpg


いつも見る景色、しかし・・・








これはいつもndgioが研究室から帰る道で撮ったもの。いつも同じ空と街を見ているけど、何故か毎日違う見え方をする。

今日は3月に九州に一緒に行く友達と旅行計画を立てていた。少なくともそういう名目で会って話した。とりあえず九州についてあまり知らないのでガイド本なんかを買うために紀伊國屋書店へ向かった。

九州に関する本を何冊か流し読みし、一冊よさげなものを選ぶ。そして友人は別のガイド本を探していたけど結局同じ本を購入。二人して何故か同じガイド本、そういうのもアリだろう。学校だってみんな同じ教科書使ってるわけだし。って何か違うか…

サンマルクカフェに入って旅行計画を練る。という予定だったけど、いろいろ話したりしてるうちに結構時間がたった。結局ガイドブック見ながらどこ行きたいってのを適当に列挙したのみ。二人が二人して「なんとかなるでしょ」って思ってるからこうなってしまうようだ。。

それでも帰る頃には「いい時間だった」なんて思えるのが不思議である。なんて思いながらJR大阪駅へ歩いて戻る、来る時とは逆向きの景色、さっき通ったばかりなのに何だか全く違う場所のよう。歩く方向によって全然見え方が違う。やっぱり世の中っておもしろいやね


一つのものに複数の見方があるなら、見方の数だけ楽しみがあるということ。たまには立ち止まって振り返るのも悪くない、そこにはまた違う世界があるはずだから
[PR]

by ndgio | 2007-01-11 23:17 |


<< Day dreaming      Zermatt >>