2006年 12月 18日

影追い

a0078787_1817436.jpg


追いかけた分だけ遠のく








土日しかはさんでいないのに、ずいぶん久しぶりに研究室に来たような気がした。それだけ充実した週末だったということかな

先週ノロウィルスに感染して完全にダウンしていた助手の先生に聞きたいことがあったのにも関わらず、まだ来ていない。まさかまだ寝込んでるとかないよね?と思いつつ、冗談半分で後輩をキャッチボールに誘う悪い(というか迷惑な)先輩ndgio。そしてその誘いに乗ってくる悪童後輩。

誤解のないように説明(言い訳)しておくと、朝の気だるい体は少し体を動かすことによってスッキリするのだ。だから軽くキャッチボールすることで、結果的には研究がはかどる(はず)。

研究室へ戻る頃には助手の先生登場。早速研究の打ち合わせ。来週に控えている中間発表会で喋る内容やら、今後論文をまとめるにあたって必要な理論の構築。と書いとけばなんからしく見えてかっこよさ気なので、ここではそう書いておこう。

研究って実は終わりがないことの方が多い。がんばって何かを突き止めるとその先が見えてきたり、モデルを完成させてもまだまだ足りないことがあったり。。。だから基本的に早めに論文が出来上がるということはまずない。もしそんなことがあったら続きをするからね


追いかけたら離れる、登ったらまた上への階段を見つける。人間だってその繰り返しで大きくなるのさ
[PR]

by ndgio | 2006-12-18 18:30 | 日常


<< 休息      散歩日和 >>