2006年 12月 13日

rainy day, foggy night

a0078787_16473162.jpg


見えそうで見えない








昨日は朝から雨が降っていた。

週間天気予報では一日中雨だったはずなのに、研究室から帰る頃にはすでに降り止んでいた。日頃の行いのよいせいかな。つい最近「エル・ニーニョ」やら「暖冬」やらとブログに書いてしまった手前、なるべく触れないようにしていたけど最近寒くなってきた。「寒い」というか冬らしい気候になってきたんだろうね。そんな日には何故か霧がよく発生するndgioの地元。

朝の霧は視界が悪くて車が見にくくて危なかったり、電車が遅れたりとあまりいいことないけど、幻想的だから好きだったりする。そして夜は車や街のライトでさらに幻想的に、やっぱり霧って素敵だ。・・・ってこれはあくまで歩行者の視点から見たからであって、車を運転してる人からしたら相変わらず危ないんだけどね

人って多分見えそうで見えないところに魅力を感じるのだと思う。わからないことが想像力をかきたてる、その動作が楽しくてたまらないんだろう。だから答えのある人生なんて楽しくない、それぞれの分岐点で自分が悩み、考えて自分の思う道を選ぶ、そうやって自分にしか歩むことのできない人生を送りたいと私は思うんだ


ndgio 23歳、ただいま先に何が起こるかわからない人生の中をもがいている最中なり
[PR]

by ndgio | 2006-12-13 17:22 | 日常


<< Contrail      ぬくもり >>