rainy day, rainy sky

ndgio.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 25日

Looking back

a0078787_1775329.jpg


あれから一年とちょっとが経ちました








先週の金曜日、東京である人に会った。去年、グラナダとバルセロナで一緒に過ごした大切な友人。

私はモロッコを訪問した翌日、スペインのアルヘシラスという港からバスでグラナダに向かった。グラナダに着いたのは昼過ぎで、安宿はほとんど満室だった。部屋を探して安宿街を歩き回っていた時に出会ったのがその友人。二人で部屋をシェアしたのだ。

彼とはよく語った。歳は私より8つくらい上だけど、お互い日本語を話したかったせいかずっと喋っていた気がする。そしてアルハンブラ宮殿でリスボンの宿が一緒だった女性と偶然再会し、3人でバルに飲みに行ったりした。スペインの赤ワインの上手さを教えてくれたのは彼だった

バルセロナでは宿こそ一緒だったけど、日中は別行動。そしてご飯を食べるときや飲みに行くときだけ待ち合わせをした。そういうスタイルが自然になりつつあったのが楽しかった。

金曜の夜に東京で待ち合わせをし、再会したときは妙な気分だった。よく考えてみれば日本で会うのは初めて。バルセロナではいつも待ち合わせはバルだったし、時間もお互いルーズだった。日本ではビルの前で待合わせ、時間通りに到着したお互いを見て少し苦笑した。

再会してから青山通りにあるスペイン料理の店EL CASTELLANOへいった。店の中に入るとスペインの雰囲気がほのかに感じられ、お互い一年前にもどりつつあった。初めて一緒に飲んだRIOJAの赤ワインをオーダーし、ホテルの部屋でよく食べていたイベリコ豚のハムと一緒に楽しんだ。そして思い出話は尽きることがなかった。

食事が終わって別れるときまでバルセロナで別れたときのことを思い出す。バルセロナではカタルーニャ広場でメトロに乗ってサンツに向かう彼を見送った。そして今年はメトロに乗る私を彼が見送った。どこかで見た光景、でも初めての光景。なんだか不思議な空気だった


一年と少しが経った今でもこうしてワインとハムがあればあの頃に戻れる。昔を思い出し幸せな気分でいっぱいになった私がいた
[PR]

by ndgio | 2006-10-25 17:36 | 日常


<< Terminal      囚われの青 >>