2006年 08月 22日

Dog's eye

a0078787_22283314.jpg


犬の視点から見るこの世界








本日、研究室は停電なのでお休みです。

ということでフリーな日、クルマで遠出しようと考えていたら姉と姪っ子も連れて行くことに。。。行き先は和歌山の白浜にあるアドベンチャーワールド、双子のパンダさんがいるとかいないとか。1歳半の姪っ子ははたしてパンダを認識するのでしょうか?

子供の相手をするときは、自分の目線を子供の目線に合わせないと思わぬ危険に遭遇する。目線が少し低いだけで世界はガラっと変わる。大人、子供、犬、それぞれ同じ世界を見ていても違う見え方をしているのだ。もっと言えば私が見る世界とあなたが見る世界は違う。

普段絶対に見ることのない視点から世の中を見ると新しい発見がある。かも。日常に飽きたときに新しい視点を探して新しい世界を見ることができたらどれだけ楽しいことだろう。いきなりは無理かもしれないから、まずはいろいろな視点があることをココロに留めることから始めようかな


さてさて姪っ子ですが、動物達を気に入った様子で楽しそうでした。イルカかオルカかのショーを見ているときは、水槽に近寄ってお兄さんに手を振る次第です。さすがに帰りは疲れて寝てましたとさ。
[PR]

by ndgio | 2006-08-22 22:47 | 日常


<< Vivid      オレンジな日 >>