rainy day, rainy sky

ndgio.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 17日

白とピンクと青色な空

a0078787_1705788.jpg


台風と空の色








昨日研究室からの帰りに梅田に寄った。正確には、電車の窓から見える雲の色がピンクに染まっていたから、写真を撮ろうとつい梅田で降りてしまったのだ。一分ごと、一秒ごとに変わっていく夕暮れの空、カメラを構えたときには先ほどのような強烈なピンクでなかったが、ちょうど良いくらいにも思えた。

写真は、撮れたことに意味があるのだと私は思っている。どんなに技術があっても、どんなにすばらしい景色に出会ったとしても、「写真を撮る」という行為なしでは写真は成立しない。携帯のカメラだろうがデジカメだろうが撮った者が偉いのだ。撮れた写真がベストな写真だと思えば、難しいことを考えなくても写真が撮れる。そういうのが楽しいときもあるのさ

私は感覚的に写真を撮るほうだと思う。理論は「こういう写真が撮りたい!」と思ったときに身につける。まずは自分の撮りたいものを自分の撮りたいように撮ることから始めたのでこのスタイルは変わらない。頭で考えるよりいっぱい写真を撮ればいいのだ。人生と同じ、挑戦と失敗の繰り返し

話はそれたけど、私がここ何年か思っているのは台風の接近と夕焼けの関係。台風通過前後の空はどこか独特の雰囲気、雲が赤く染まったり、空気がピンクになったり。空が好きな私には願ったり叶ったりの現象なんだけど、真相は謎のまま。


だれか詳しい方いましたら、教えていただきたいと思う次第であります
[PR]

by ndgio | 2006-08-17 17:23 |


<< Over the rainbow      Sequence >>