2006年 07月 18日

帰り道

a0078787_155919100.jpg


背の高い影








小学生の頃、担任の先生に「影が一番長くなるのはいつかわかる?」と聞かれたことがあった。

昼はとりあえず影が短く、夕方になると影が伸びることは知っていたが、私は答えられなかった。友達のまー君は「絶対夜だよ!」と自信を持って答えていた。夜、車のライトに照らされた自分の影が長かったというのだ。

私は今でも答えがわからない。日が沈む寸前が一番長いとも考えられるし、全てが影に包まれる夜だとも考えられる。どんな形をした物差しで測るかによって答えは変わるのだ。

幼いまー君は「自分の経験」という基準を持っていたのである。だから自信を持って答えることができた。生きていけば必ずこのような正解が複数ある事に出くわす。そこで自分の意見を言えるかどうかは自分次第なのかもしれない。


私はこれからも「経験」することをやめないだろう
[PR]

by ndgio | 2006-07-18 16:26 | 日常


<< 見据える先      雨ノ日ニモ >>